会長挨拶

会長 太田 茂

会長 太田 茂

経歴
1970年大分県生まれ。実家である大分ボクシングジムで15歳から本格的にボクシングを始める。

インターハイ・国体・全日本・大学リーグ戦などで活躍。日本大学時代には日本代表として海外試合を経験。

大学卒業後、テレビ制作会社へ入社。日本テレビのスポーツニュースを担当しゴルフと出会う。退社後ゴルフのプロを目指しゴルフ場で修行。

その後スポーツクラブでゴルフに指導を行いながら2006年9月に中央林間ボクシングスタジオを設立。

メッセージ

清潔で誰でも気軽に楽しめるスタジオを目指し2006年のオープン以来たくさんの皆様にご利用いただき誠にありがとうございます。
ボクシングトレーニングはとても健康的で短時間でリフレッシュできるスポーツです。

試合やスパーリング大会を目指す方や健康や体力づくりが目的の方にボクシングトレーニングを通じていろんな感動を伝えていきたいと思っております。

これからもスタッフ一同皆様が満足いただけるように頑張ってまいりますので中央林間ボクシングスタジオよろしくお願いいたします。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

中央林間ボクシングスタジオ 会長 太田茂

ボクシング雑誌(ボクシングビート)

2021年3月15日出版の「ボクシングビート」にスタジオが掲載されました

ボクシング写真集

AFTER THE GONG

2019年4月24日出版の「AFTER THE GONG」に会長が掲載されました。今を生きるボクサーたちの肖像

横浜ウォーカー

2008年6月22日号に当スタジオが掲載されました。 『ジモト愛ハイパー』のコーナーで中央林間駅の特集の中で紹介されました。

ケーブルテレビ

2007年12月1日から12月31日まで毎日21:00から15分間ケーブルテレビ メディアティチャンネルの『こちらメディアティ特捜部』の番組で当スタジオが紹介されました。
内容は、視聴者の方の依頼により、地域のおトクな情報をリサーチして紹介する番組です。11 月16日にレポーターの鈴木裕子さんが体験取材にスタジオに来られました。 体験レッスンでは、体操、シャドーボクシング、サンドバック、ミット打ち、縄跳びなどのトレーニングを約40分間行いました。

FM大和

10月2日(月曜)13時40分からの約10分間、 FMやまとの『Arund Town』のコーナーで、当スタジオが紹介されました。 毎週月曜、レポーター会社やお店などの現場の声を、 インタビュー形式でリスナーに伝える生放送のコーナー。 あいにく月曜日は、当スタジオの定休日でしたが、 生放送の時間、スタジオではこんな感じでインタビューが行なわれていました。

インタビューはスタジオの受付デスクで。 右がスタジオ代表の太田、左がインタビューアーのクボタさん。 彼女は今回がレポーターデビューでした。

事前の打ち合わせ通りに順調に… でも、はじまりに突然、 進行が変わってしまった 場面もありました。

生放送がはじまって5分… 笑顔の余裕も。
目の前には話し手の2人、 スタジオのスピーカーからは FMやまとからのオンエアで 流れてくる2人の声…不思議な感覚で放送を聴いていました。

ボクシングスタジオなので せっかくだから……と サンドバック前で。 実はコレ、撮影用のポーズです。

当日の生放送の概要が載っている記事。 “FMやまと”と地域情報紙“タウンニュース”の タイアップ企画ということで、 オンエアがあった同じ週の10月6日発行版に掲載されました。